1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 琵琶湖1周旅行記~サイクリング後編~
  4. ぶらり旅 » 
  5. 琵琶湖1周旅行記~サイクリング後編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

琵琶湖1周旅行記~サイクリング後編~

琵琶湖1周旅行記~サイクリング前編~

前編の続きです。

湖西に出るまでに真っ暗になってしまったので写真など撮れるわけがなく、ましてや風景を楽しむ余裕など全くありませんでした。

なので残りの100キロは苦痛でしかなく、ただ家に帰りたいという一心で走りきったようなものです。


坂を上り終えると片側一車線の岩熊トンネルがあります。

そこからしばらく下り。

このまま303号線を通ってマキノに抜けることも出来たのだけれど、この先道幅が狭くなることを予想し半島沿いの道にそれました。

琵琶湖北岸の海津大崎のある半島に突入です。

この半島を抜ければ待ちに待った湖西に出ることが出来ます。

とりあえず携帯のGPSで現在地を確認し出発です。

周りが真っ暗だと今自分がどこにいるのか全くわからないので、携帯のGPS機能は本当に重宝しました。

琵琶湖の北のほうにはもっと街灯を増やして欲しいというのが、ボクからのお願いです。

湖西に入って何回携帯で現在地を確認したことやら。

その回数といったら数え切れないほどです。

それほど道路標識が見えないし、暗かったということです。

そして今回の旅最後の半島がお化けが出るんじゃないかというほどの暗さ。

ボクの記憶ではほとんど街灯がなかったと思います。

そして車も半島を抜けるまでに数台しかすれ違いませんでした。

まさに幽霊街道。

前が見えないからスピードも出せません。

我慢してゆっくり単調なスピードで半島を抜けました。

10kmも暗闇の中を走ったのは昨年の夏に福井に帰ったとき以来です。

あのときは夜中の2時前に草津を出発したので、明るくなるまでずっと手探り状態で走っていました。


そんなこんなでやっとこさ湖西に突入。

ここからなんですが、ほとんど自分の通った道を覚えていません。

とても残念です。

もう二度と来ることのない場所かもしれないので、通った道や周りの風景をしっかりと目に焼きつけたかったのですが、そうもいきませんでした。

というのも農道を抜けたり、湖岸道路を走ったり、トラックに轢かれそうになったり、早く帰りたい一心で本当に無我夢中で走っていたから。

161号線は大型車のオンパレードで冗談抜きで死に掛けました。

ていうかなぜ歩道がないのでしょうか。

もしかしたら自動車専用道路を走っていたのかな。

もうどうにでもなれという感じ。

近江今津に入ると、急に町らしくなって平和堂やマクドナルドがあったけれど、先を急いでいたので休憩なしで素通り。

そしてまたすぐ田舎。

ひたすらJR湖西線と平行に走っていたのを覚えています。

JR湖西線は平地よりも高いところに線路や駅があり、それがひたすら南へと延びていました。


で例の植込みに突っ込む事件があり、身も心もぼろぼろです。

途中から急に寒気と目まいがしたので、自転車に乗ったり降りたりの繰り返し。

そんな極限の状態に達しながらも蓬莱山(比良山)のでかさには圧倒されました。

近くにびわ湖バレイスキー場があって山頂に明かりが灯っていました。

これぞ一筋の光明。

ウイニング・ロードが見えてきました。


とは言うものの目まいが激しくなってきたので、堅田のすき家に逃げ込みました。

ちょっと先には琵琶湖大橋が見えます。

だいたいこのときの時刻が23時前。

気が狂っているのでお腹空いてるかどうかわからなかったけれど、とりあえずカレーとサラダと豚汁のセットを注文。

しばらく目をつむっていたらあっという間にカレーセットが運ばれてくるではありませんか。

このときばかりはすき家の調理法を疑いました。

それはどうであれ、カレーを一口食べたらその先全然スプーンが口に運ばない。

気持ち悪いのです。

カレーを食べてわかりました、食欲がないのだと。

残すわけにはいかないしどうしようと思っていたら、良いタイミングで友達から電話がかかってきました。

そして電話とカレーを交互に繰り返すこと40分、ついに完食。

友達に感謝してラストスパートです。


でまたまた事件。

よそ見していたら鉄柱に激突。

最後の最後にやってしまいました。

衝撃でサドルが反転。

おまけに前輪ブレーキが故障(ブレーキのワイヤが切れ掛かった)。

このときは右膝だけが痛いと思っていたけれど、家に帰って手袋をはずしてみたら右手小指から出血していました。

この日記を書いている現在でも、内出血は一向に治まりません。

まぁ放っておけば治るでしょう。


そしてそんな身体で最後の力を振り絞って家路に着きました。

到着したのが翌27日の午前2時。

15時間半(休憩時間込み)で帰ってこれました。

休憩時間はコンビニで20分、すき家で40分くらいです。

200kmを14時間半だから毎時13.7kmですね。

めちゃめちゃ遅い。

今回の反省は出発時間をもっと早くするということ。

次どこかに行くときは早朝に出たいと思います。


ここまでで旅の話は終わりです。

拙い文章でしたが、最後まで読んでくれてありがとう。




ランキング参加中です。いつもありがとう。現在86位!
人気ブログランキングへ
応援お願いします!

Comment

はじめまして

コミュから

自転車旅行いいですね!
俺も今年の夏は琵琶湖一周したいと思っています
しかし日帰りとはww無茶しますねw
俺なら1日100kmしか走れない自信がある(;´∀`)
まぁ自転車で旅行するのはごく稀だから体力ないだけですけどねw

指の怪我はもう大丈夫ですか?

  • リース [#GK0ZlbHQ] |
  • URL |
  • 2009 03/07 (Sat) 16:49
  • Edit
Re: はじめまして

>リースさん

こちらこそはじめまして!

ぜひ琵琶湖1周オススメします。

1周終わったら何か悟りますよw

それにしても日帰りで1周って今思うと本当に無茶ですねw

でも自転車旅行だったら体力なくても根性さえあれば大丈夫!


指の痛みはなくなったけど内出血の痕が残って爪のピンクい部分が真っ黒ですorz

心配してくださってありがとうございます。

  • 管理人 [#-] |
  • URL |
  • 2009 03/08 (Sun) 00:13
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://mrstudyingman.blog81.fc2.com/tb.php/80-b86660af この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

大学受験の武器
記憶術 新・原口式記憶術

大学受験は知識量の差が合否を分けると言っても過言ではありません。 感覚的には基礎7割、応用3割。 出るところに的を絞り、基礎知識を徹底的に頭に叩き込めば、基礎の7割で点数を落とすことはありません。 それだけで世の中のほとんどの難関大学に合格できてしまいます。 基礎を侮ることなかれ。 記憶術をマスターすれば、物事を抜群に記憶できることは勿論のこと、頭の引き出しにしまった知識を素早くアウトプットできます。 大学受験だけでなく、それこそ死ぬまで役立つ一生ものの知的財産が身につくのです。

同志社大学商学部を1点差で不合格になった私ですが、受験時代に記憶術に巡り合えていれば、人生が変わっていたかもしれません。

byあちら
参加ブログランキング
人気ブログランキングへ
読者様の投票でこのブログは成り立っています。多くの方がこのブログに来て頂けると、俄然やる気が出てきます。ぜひ応援クリックお願いします!
プロフィール

あちら

Author:あちら
立命館大学卒業。

社会人2年生。

現在大阪市内で一人暮らし中。

将来の目標は投資家になること。

4649!

詳細プロフィール

思索ノート
もう一つのブログ

38thetaの雑感
さらにもう一つのブログ

QR

FC2カウンター

2009年2月28日設置

ブログ内検索
カスタム検索
当ブログ内記事の検索ができます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。