1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 和歌山県白浜へpart1
  4. ぶらり旅 » 
  5. 和歌山県白浜へpart1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

和歌山県白浜へpart1

毎度!

約1ヶ月ぶりの更新です。


テストは先月の31日に無事終わり、それからボーっと過ごしてたわけですが、8/7(金)、8/8(土)に1泊2日の和歌山旅行に行ってきました。

とは言っても、所持金6千円の貧乏旅行です!

メンバーは立命の4回生の友達(♂)と俺の2人。

友達のバイクに便乗させてもらいました。

7日はちょうど夕方の7時半から琵琶湖花火大会があり、花火なんかクソ食らえ!ちゅーことで、花火が始まる前に滋賀を発つことに(PM6:30ごろ)。


「来年は女の子と見に行こう!」

神に誓いました。


そして、京都の街中を素通りして1号線をひたすら大阪方面へ。

大阪に着いてからは天王寺界隈の飛田新地を見学(PM9:00すぎ)。

建前上、ここいらの店は料理屋さんということになってるのですが、ズバリ男がお金を払って女とチョメチョメするとこです。

ゴム付きだけど最後までOK、20分1万なんぼが相場らしいです。

店(昔風の日本家屋)は入り口が吹き抜けで、すぐそこにライトに照らされたお姉さんが座ってて、横に前掛けをしてる風のおばはんがいました。

どの店も同じような感じで、おばはんが、


「お兄ちゃん、お兄ちゃん、寄ってて~」


って言わはります。

普通にどこにでもいるようなおばはんとお姉さんのギャップには違和感を感じましたが、そこが飛田新地の良さではないでしょうか。

また、店がひしめき合っていて(ざっと100軒以上)、目抜き通りは可愛い女の子ばかりで正直驚きました。

全国のカワイ子ちゃんがあの一帯に凝縮されているような感じ。

ただし、目抜き通りから外れると少々残念な方もいてはりました(笑)


【感想】

飛田新地に行くのは友達の提案で、最初は乗り気じゃなかったけど本間行って良かった!

都会の喧騒からあそこだけ取り残されてるようで、時代が止まってる!って思いました。

まだまだ自分の知らない世界があるんだなあって、社会見学の重要性を認識した次第です。

でも、あんなに可愛い子が目先のお金儲けのために男に奉仕するって、何か嫌やわ。

もっと違う仕事に就けば良いのにって、違う目線で見てました。


※後で知ったんだけど、飛田新地周辺は日本で最も治安が悪い地区の一つだそうです。

ビデオ撮影は危険!

最悪薬の売人に刺されるとYouTubeで見ました。


飛田新地を発ってからは、そのまま和歌山市内に直行。

日付が変わった頃に和歌山入りして、シャワー有りの漫画喫茶を探したけど結局なし。

漫喫探しに1時間以上かかりました。

和歌山駅前の印象は福井駅前とクオリティ一緒やん!ってこと。

地元の懐かしさを遠い土地で感じました。


さあ明日は白浜へ突入だ!

和歌山市内からさらに120キロほど離れてるとは思いもよらない2人でした。


PS 検問(飲酒運転取締り)&時速80キロオーバーの改造原チャに初遭遇。

大阪はすごい町!



ランキング参加中です。
RANK_0~2
応援お願いします!

Comment

No Title

飛騨新地を観光するとかなかなかハイセンスですね…。白浜は楽しかったでしょうか?

  • 山田 [#-] |
  • URL |
  • 2009 08/24 (Mon) 13:14
Re: No Title

>山田さん

返事遅くなってごめんなさい。
ブログ放置プレーしてました。

やっぱり飛田新地は有名なんですね!

白浜は南国に行ったような感じで、テンション上がりました。
また行きたいですね。

  • 管理人 [#-] |
  • URL |
  • 2009 09/16 (Wed) 02:17
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://mrstudyingman.blog81.fc2.com/tb.php/134-862e8626 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

大学受験の武器
記憶術 新・原口式記憶術

大学受験は知識量の差が合否を分けると言っても過言ではありません。 感覚的には基礎7割、応用3割。 出るところに的を絞り、基礎知識を徹底的に頭に叩き込めば、基礎の7割で点数を落とすことはありません。 それだけで世の中のほとんどの難関大学に合格できてしまいます。 基礎を侮ることなかれ。 記憶術をマスターすれば、物事を抜群に記憶できることは勿論のこと、頭の引き出しにしまった知識を素早くアウトプットできます。 大学受験だけでなく、それこそ死ぬまで役立つ一生ものの知的財産が身につくのです。

同志社大学商学部を1点差で不合格になった私ですが、受験時代に記憶術に巡り合えていれば、人生が変わっていたかもしれません。

byあちら
参加ブログランキング
人気ブログランキングへ
読者様の投票でこのブログは成り立っています。多くの方がこのブログに来て頂けると、俄然やる気が出てきます。ぜひ応援クリックお願いします!
プロフィール

あちら

Author:あちら
立命館大学卒業。

社会人2年生。

現在大阪市内で一人暮らし中。

将来の目標は投資家になること。

4649!

詳細プロフィール

思索ノート
もう一つのブログ

38thetaの雑感
さらにもう一つのブログ

QR

FC2カウンター

2009年2月28日設置

ブログ内検索
カスタム検索
当ブログ内記事の検索ができます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。