1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 補講と簿記
  4. 日常 » 
  5. 補講と簿記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

補講と簿記

昨日

経営財務の補講で大学へ。

2限(10:40)からだったけど、いつもの授業の半分以下の人数しか集まらず、いかにも休日の授業といった感じ。

内容は資金運用表の作成オンリーで、めっちゃ簡単。

昼は食堂(ユニオン)の2階でご飯+勉強。


スッカラカン。これでもお昼の2時半。


今日

日商簿記2級の受験で大学へ。

去年の受験で合格してるけど、今秋から1級に進もうと思ってるので、復習+土台作りのためにもう一度受験。

一応6月の頭から一から復習し直して、去年の受験よりも余裕を持って試験に臨むことが出来たが…

第1問の仕訳で最低2つのミス+第3問の損益計算書の作成が若干怪しい。

第2問の特殊仕訳帳と工簿は満点だと思うけど…てゆうかそう思いたい!

とりあえず自分おつかれ!

今は清木場俊介のアルバム聴いてます。

俺の一番好きなアーティスト。

EXILEの元ボーカルSHUNって言えばわかるかな。

カラオケに行ったら絶対歌うけど、清木場の曲知ってる友達が少ないから残念。

まあ、カラオケ行くっていっても、2、3ヶ月に1回だけど。

もっと清木場の良さを知ってもらいたい今日この頃。



ランキング参加中です。
RANK_0~2
応援お願いします!

Comment

No Title

資産運用表、きたー。
大学院でも同じことをやっているみたいです。
あれですよね。
キャッシュフロー計算書と同じだとのことです。
これは現金主義で計算を行うというものです。

経営財務は、巻末の問題をしっかりやっとけば大丈夫です。

  • ゆかな [#sgq8Cvos] |
  • URL |
  • 2009 06/15 (Mon) 08:47
  • Edit
Re: No Title

>ゆかなさん

キャッシュフロー計算書と同じなんですね
まだC/Sは勉強したことないですが、近々証券アナリストの財務分析のテキストで勉強します。

先生は資金繰りのために資金運用表を作成するとおっしゃってましたが、日々の資金繰りのためには資金運用表では間に合わないですよね。
前期と今期のB/Sを比較して作成するわけだから、タイムリーじゃないし。
会計学の授業で日々の資金繰りのためには、現金預金の手持ちの額と、いつまでにお金が必要なのかを時系列に記入する資金繰り予定表を作成するのが良いと税理士の先生(ウエスタン安藤)がおっしゃってました。
あと、キャッシュフロー計算書は過去のお金の流れを見るものだから、今日以降のお金の流れはつかめないとも。
要するに長期的な視点では、資金の源泉が外部資金によるものか内部資金によるものかがわかる資金運用表を見て、短期的な視点では資金繰り予定表を利用すれば良いということですかね。

試験情報ありがとうございます!

  • 管理人 [#-] |
  • URL |
  • 2009 06/15 (Mon) 09:53
No Title

またまた投稿(しかも、長い…)だけど、いいですか。

>日々の資金繰り

やはり現金預金がないと何もできないです。
日々の資金繰りのためなら、使いやすい計算書がいいですよ。
「日々」ということは毎日計算を行うということです。
使いやすく、わかりやすいものを使うといいです。
だから、CF(キャッシュフロー計算書)でも、資金運用表でもどちらでもいいですよ。

長期、短期はしっかり区別して見るべきです。
うん。予定表とかあると便利です。

あ、ちなみに最近の企業は、会計とか、資金関連のことはパソで処理しているので、
CFも作ろうと思えば、すぐに作れてしまいます。

>テスト
おそらく、最終講義に問題演習するはずなので、それも要チェックです。
特に、~引当金(いろいろあります)は長、短の区別が難しかった記憶があります。

  • ゆかな [#sgq8Cvos] |
  • URL |
  • 2009 06/15 (Mon) 18:18
  • Edit
Re: No Title

>ゆかなさん

ありがとうございますi-179

ここでまた疑問なんですが、CFや資金運用表は毎日記帳するものなのでしょうか?
日々の資金繰りのためには利用できないものだと解釈していました。
ボクの会計学の先生の本には、

CFは決算手続きを全部終了した最後の最後に作成され、CFからは「弊社はこの1年間営業活動・投資活動・財務活動においてこのような資金の流れでした」という過去のお金の流れはわかるが、今日以降のお金の流れはわからない。資金繰り表とCFの最も大きな違いは、ここにある。

というようなことが書かれています。
なので、日々の資金繰りのためには、CFや資金運用表は使えないと思うのですが。
そもそもC/Fや資金運用表はB/S、P/Lが作成されて初めて作られるものではないのですか?
会計学と経営財務の授業でそう習ったのですが、間違っているのでしょうか?

質問攻めですみません。

  • 管理人 [#-] |
  • URL |
  • 2009 06/15 (Mon) 22:59
初めまして

初めまして。
関西の大学4年のものです。
過去の分も含めて、宮下さんの勉強の様子読んで、とても刺激を受けました。

私も頑張ります!!
まだまだまだまだーーー!!

では。

  • きな子 [#-] |
  • URL |
  • 2009 06/17 (Wed) 20:03
Re: 初めまして

>きな子さん

こちらこそ初めましてi-179
初コメントありがとうございます。

こんなブログでもちゃんと読んでくれて、しかも刺激まで受けてくれるなんて、ブログ続けて良かったなあと思います。
お互い勉強がんばりましょうね!
また遊びにきてください!

  • 管理人 [#-] |
  • URL |
  • 2009 06/17 (Wed) 20:20
No Title

上記のコメントはメールにして送っておきました。
よければ見てください。

1つ申し訳ないのだけど、資金繰り表というのはわからないです。
教えていただけませんか。

会計専攻ではないのによく勉強していますね。
びっくりですi-179

  • ゆかな [#sgq8Cvos] |
  • URL |
  • 2009 06/17 (Wed) 20:54
  • Edit
Re: No Title

>ゆかなさん

こんばんはi-189
メール読みました。
丁寧に教えていただいてありがとうございます。

証券アナリストの財務分析のテキスト読んで勉強し直しますね。

ウエスタン先生によると、資金繰り表は縦軸に1ヶ月分の日付を書いて、横軸に手持ち現金の支出入の金額と、残高を書いたものだそうです。
ポイントは出ていくお金に注目して、いつお金を支払わなければならないのかといった予定を前もって書き込むことによって、お金が不足しないように見張ることだそうです。
現金出納帳と似ていますね。

本当にいつもコメントありがとうございます。

  • 管理人 [#-] |
  • URL |
  • 2009 06/17 (Wed) 22:36
CF・資金運用表と資金繰り予定表の違い

ハウディッ! ウエスタン安藤です。
偶然見かけたので、飛び入りしますw

CFや資金運用表と資金繰り予定表の違いは、「今日を含めた過去の資金管理」なのか「未来の資金管理」なのかにあります。

もともとCFとは、黒字倒産する上場企業を見抜くために導入されました。
だから資金の流れを大きく3つ(営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフロー)に分けて判断するようになっています。
ここからは日々の資金の流れはとらえられません。
投資家にとって、日々の資金の流れは必要ないからなのです。
つまりCFとはその性格から毎日作成するものではありません。
(もちろん毎日作成してもいいのですが、あまり意味はありません)


経営者(特に中小企業の経営者)にとっての資金繰りは非常にタイトです。
きっとみなさんが想像している以上にタイトなのです。
今日大きな売上の入金があったとしても、3日後には資金がショートするなんてことは当たり前に起きる世界です。
これを未然に防ぐためには、あらかじめ「いついくらお金が必要か」を知っておく必要があります。
このために作成するものが資金繰り予定表なのです。
通常の経営学ではまず目にすることはないかと思います。
しかし実務においての資金管理には唯一かつ最強のツールです。


宮下さん(でいいんですよね?)の理解は間違っていませんよ。
しっかりと実践会計を学んでくださいね!


日本で唯一のカウボーイ税理士
ウエスタン安藤

  • ウエスタン安藤 [#-] |
  • URL |
  • 2009 07/07 (Tue) 01:39
Re: CF・資金運用表と資金繰り予定表の違い

>ウエスタン安藤さん

Howdy!
まさか先生からコメントをいただけるなんて夢にも思っていなかったので、目が飛び出るくらいびっくりしてます。
七夕の日にこんなにうれしい気持ちになったのは、あとにも先にもそうないことだと思います。

先生がだいぶ前におしゃっていたブログで情報を発信することの素晴らしさに気づかされて以来、先生からいつも刺激を受けています。
まだまだ未熟で、文才もないボクですが、先生のおかげでブログを続けている次第です。
そんなボクの心の師匠であるウエスタン安藤先生は、ボクにとっての永遠のスターです。

こんなしょうもないブログを見つけていただき、そしてコメントまでしてくださるなんて…。
感無量で勉強が手につかない状態です(笑)
また、CF・資金運用表と資金繰り予定表についてより一層理解が深まりました。
本当に本当にありがとうございました。

テスト勉強頑張ります!


会計楽の一受講生より

  • 管理人 [#-] |
  • URL |
  • 2009 07/07 (Tue) 14:35
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://mrstudyingman.blog81.fc2.com/tb.php/122-d8174665 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

大学受験の武器
記憶術 新・原口式記憶術

大学受験は知識量の差が合否を分けると言っても過言ではありません。 感覚的には基礎7割、応用3割。 出るところに的を絞り、基礎知識を徹底的に頭に叩き込めば、基礎の7割で点数を落とすことはありません。 それだけで世の中のほとんどの難関大学に合格できてしまいます。 基礎を侮ることなかれ。 記憶術をマスターすれば、物事を抜群に記憶できることは勿論のこと、頭の引き出しにしまった知識を素早くアウトプットできます。 大学受験だけでなく、それこそ死ぬまで役立つ一生ものの知的財産が身につくのです。

同志社大学商学部を1点差で不合格になった私ですが、受験時代に記憶術に巡り合えていれば、人生が変わっていたかもしれません。

byあちら
参加ブログランキング
人気ブログランキングへ
読者様の投票でこのブログは成り立っています。多くの方がこのブログに来て頂けると、俄然やる気が出てきます。ぜひ応援クリックお願いします!
プロフィール

あちら

Author:あちら
立命館大学卒業。

社会人2年生。

現在大阪市内で一人暮らし中。

将来の目標は投資家になること。

4649!

詳細プロフィール

思索ノート
もう一つのブログ

38thetaの雑感
さらにもう一つのブログ

QR

FC2カウンター

2009年2月28日設置

ブログ内検索
カスタム検索
当ブログ内記事の検索ができます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。