1. Top » 
  2. 2009年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

訳せない英文

さっきから京大の編入試験の過去問(英語)を解いているのだけど、訳せない文にイライラしてます。

答えがないから自力で解くしかないです。

誰か助けてください!


これが分からない問題です。

全体はマスコミ社会学についてで、外国人の方が書いた文章です。

To start, we need a working definition.
まず、私たちは実用的な定義を必要とする。

One purpose of a definition is to inform the reader of the sense in which a word that may have several meanings is to be used as a term for purposes of the discussion that follows.

文全体の骨格(S+V+C)はわかるのですが、「定義の一つの目的は読者にof以下のことを知らせることである」という部分のof以下の訳出がどうしてもうまくいきません。

どうも先行詞the sense+前置詞in+関係代名詞whichの箇所と、二つ目のbe+to不定詞の訳出がしっくりきません。

続く文章は、

Such a term should be regarded as a working concept rather than as a definitive statement about reality.
そのような用語は限定的な言葉としてよりはむしろ、実用的な概念としてみなされるべきである。

です。この3文に下線が引いてあって、日本語に訳しなさいと指示があります。

本当に困っているので、教えていただけるとうれしいです。

お願いします!
スポンサーサイト

Page Top

大学受験の武器
記憶術 新・原口式記憶術

大学受験は知識量の差が合否を分けると言っても過言ではありません。 感覚的には基礎7割、応用3割。 出るところに的を絞り、基礎知識を徹底的に頭に叩き込めば、基礎の7割で点数を落とすことはありません。 それだけで世の中のほとんどの難関大学に合格できてしまいます。 基礎を侮ることなかれ。 記憶術をマスターすれば、物事を抜群に記憶できることは勿論のこと、頭の引き出しにしまった知識を素早くアウトプットできます。 大学受験だけでなく、それこそ死ぬまで役立つ一生ものの知的財産が身につくのです。

同志社大学商学部を1点差で不合格になった私ですが、受験時代に記憶術に巡り合えていれば、人生が変わっていたかもしれません。

byあちら
参加ブログランキング
人気ブログランキングへ
読者様の投票でこのブログは成り立っています。多くの方がこのブログに来て頂けると、俄然やる気が出てきます。ぜひ応援クリックお願いします!
プロフィール

あちら

Author:あちら
立命館大学卒業。

社会人2年生。

現在大阪市内で一人暮らし中。

将来の目標は投資家になること。

4649!

詳細プロフィール

思索ノート
もう一つのブログ

38thetaの雑感
さらにもう一つのブログ

QR

FC2カウンター

2009年2月28日設置

ブログ内検索
カスタム検索
当ブログ内記事の検索ができます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。