1. Top » 
  2. 龍神温泉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

3/22 和歌山旅行3日目

017.jpg

016.jpg

この日は朝起きて、立て看板の地図を見て、急遽三段壁、千畳敷、円月島へ行くことに。なので、こういう観光地があること自体知らなかったわけですが、三段壁は自殺の名所で有名みたいです。

018.jpg

019.jpg

020.jpg

千畳敷は波打った岩の層が幾重にも重なっていて、初めて見た景色でした。素晴らしい場所だったのですが、観光客の落書きがひどく、ちょっとばかり残念な気分になりました。それにしても、相合傘の落書きが多いこと。別れちゃえばいいのにって思いましたね。

021.jpg

これは円月島で、何でも南紀白浜のシンボルらしいです。写真で見るほど陸から遠いわけでもなく、泳いで行けそうな距離でした。変わった形してますね。

で、次はとれとれ市場で朝ごはんを食べ、自分用に梅干しと那智黒っていう飴を2袋購入。梅ソフトを食べ、高野山へ向けて出発。

が、しかし…高野龍神スカイラインが崩土のため通行止め(@龍神温泉⇒家帰って調べたんですが、日本三美人の湯のひとつだったんですね。もう温泉はいいやってなったんですが、こんなことなら入っておけばよかったってちょっと後悔してます)。高野山への道が断たれました。ここまでは予想してなかったので、大誤算でした。高野山はぜひ行っておきたい場所だったけど、自然には勝てないですね。また次の機会に行くことにします。で、どこへ行こうってことになって、奈良市内の興福寺などを見て帰ろうということに。が、またまた大誤算。カーナビに映っていた道が、人3人が並んでぎりぎり通れるほどの狭い道でした。道路脇は斜面で、ハンドル操作を誤れば滑落してました。こんな細い道までナビに載せなくてもいいでしょ。古いナビはダメですね。でも、たくさんのミカン畑を見ることができました。

結局広い道に出た後、元来た場所へ戻ることになり、車すっ飛ばして行きました。で、時間も時間だしレンタカーを19時までに返さないといけなかったので、阪和自動車(@みなべIC)に乗りました。連休最終日ということもあり、案の定大渋滞に巻き込まれました。前もって路上でおしっこしといて正解でした。そのままどこにも寄り道せずに、ぎりぎり高槻のレンタカー屋さんに間に合いました。車返却後はびっくりドンキーでご飯食べて、友達とさよなら。最終日は午前中にとれとれ市場を出発していたのに、どこにも行けず仕舞いでした。こういうのも旅の面白さでしょうか。まぁ、3日間いろいろあったけど、一生モノの思い出ができた旅になりました。ちなみに、3日間の走行距離は1000km越え。イツモレンタカーの店員さんに最高記録の称号を頂きました。名誉なことですね、本当に。

和歌山旅行日記おしまい。

今思い出したんですが、去年の夏の和歌山日記完結してなかったですね。すんまそん。記憶を手繰り寄せて、続きを書こうかしら。



ランキング参加中です。
RANK_0~2
応援お願いします!
スポンサーサイト

Page Top

大学受験の武器
記憶術 新・原口式記憶術

大学受験は知識量の差が合否を分けると言っても過言ではありません。 感覚的には基礎7割、応用3割。 出るところに的を絞り、基礎知識を徹底的に頭に叩き込めば、基礎の7割で点数を落とすことはありません。 それだけで世の中のほとんどの難関大学に合格できてしまいます。 基礎を侮ることなかれ。 記憶術をマスターすれば、物事を抜群に記憶できることは勿論のこと、頭の引き出しにしまった知識を素早くアウトプットできます。 大学受験だけでなく、それこそ死ぬまで役立つ一生ものの知的財産が身につくのです。

同志社大学商学部を1点差で不合格になった私ですが、受験時代に記憶術に巡り合えていれば、人生が変わっていたかもしれません。

byあちら
参加ブログランキング
人気ブログランキングへ
読者様の投票でこのブログは成り立っています。多くの方がこのブログに来て頂けると、俄然やる気が出てきます。ぜひ応援クリックお願いします!
プロフィール

あちら

Author:あちら
立命館大学卒業。

社会人2年生。

現在大阪市内で一人暮らし中。

将来の目標は投資家になること。

4649!

詳細プロフィール

思索ノート
もう一つのブログ

38thetaの雑感
さらにもう一つのブログ

QR

FC2カウンター

2009年2月28日設置

ブログ内検索
カスタム検索
当ブログ内記事の検索ができます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。